[よもやま話]スランプに陥り変なものを作ってしまう

少しスランプに陥ってしまったようです。何を作っても思い通りにならず変な顔のキャラクターにばかりなってしまいました。そこで全然違うことをしてみようと絵を書いたり、ゲームしたりしています。

クロノトリガーのキャラクターを作っている間は完全に万能感に浸り「あっ、これ何でもモデリング出来るぞ」とまで思っていました。しかし今までのスタイルを少し変えたものに挑戦しようとした所ドツボにはまりました。

具体的に何が作りたかったかというとアメリカアニメのRWBYのキャラクター。RWBYはウルトラジャンプで漫画化もされていて、その漫画に寄せたデザインで作ろうとして失敗を続けている状態です。う~ん上手く行かないもんですね。 慣れないことはするもんじゃないです。 やっぱり可愛い女の子を作るのは難しい。


-----

そして息抜きで(ただのノリで)作ったのがこれ。

絵心ないフレンズ

ちゃんとリグも入っている

前からアメトーク!の絵心ない芸人が描く動物が好きで一回3Dに立体化したいな、と思っていたのです。可愛いし面白いですよね。

「けものフレンズを一回も見たこと無いうp主が想像でフレンズを作ってみた」とか言ってニコニ立体にアップすれば面白いんじゃないかと思って見切り発車で作ったのは良いのですが、あいにくニコニ立体へのランタイムモデルの投稿の仕方が分かりませんでした。

Sketchfabに投稿してしまうと外人さんがびっくりしてしまうだろうし、3DCG-ARTはChromeブラウザに対応してないみたいな表示が出て閲覧すら出来ない状況。仕方なくゴリラ君はお蔵入りにします。でもニコニ立体の仕様が分かったら投稿するかも。

-----

息抜きして今はこんなのを作っています。

僕寄りのデザインにスケッチしたRWBY

界王拳3倍 孫悟空

おとなしくRigifyを使おう
リギングに関しては素直にRigifyをちゃんと学んで使った方がいいという事に気づきました。今までRigifyはややこしいし使いにくそうな印象だったのです。しかし「ぼくがかんがえたさいきょうのリグ」よりも大人しくRigifyを使ったほうが良さそうです。僕よりも賢い人が作ったものの方が良いに決まってます。

現場からは以上です。

0 件のコメント :

コメントを投稿