[アニメーション]モーション練習まとめ その3



今までにモーション練習で作ったものをGIFで貼っておきます。1つのエントリーに何個も何個も貼るとページが重くなってしまうので、これくらいの数のGIFを置いていくつもりです。なのでこのシリーズのページはPCで閲覧することをオススメします(タブレットで見たら激重だった)。練習なのでトレースしているだけの部分が多いです。

モッサリした動きではなく素早くて柔らかい動きが理想です。
それにしてもBlenderでモーションを作っていると、どうも動きが重くて再生する時に24fpsを維持出来ません。キャラクターのポリゴン数がそれほど多いわけでもないのに何故か遅くなります。OpenSubdivを使うと軽くなると聞いてたのに使っても変わらないし、よく分からないですね。PCがショボすぎるのかな。

-----

①剣撃
・スピード線と組み合わせることによってスピード感が出る


②体操
・身体の向きや手足の動きが複雑に変わるカット。手描きのモーションブラーやスピード線も加えることでケレン味が出る。言葉のみでの説明が難しいが、打つコマが少ないとスピード感が出る、そして3コマ打ちで少しずつ動きを変えれば柔らかくなる


③ジャンプ
・単なるトレースだが、3DCGでもここまでスピード感と柔らかい動きが出せるのかと我ながら感動した動き(こういう動きが理想!)。導入部分は少ないコマ打ちにも関わらず、スピード線とその点滅を組み合わせることによって「動いてる感」が出ている。そしてジャンプ部分↑は一コマずつ大幅にポーズを変えて動きの激しさとスピード感を表し、着地部分↓はリニアな動きを3コマずつ打つことによって滑らかな着地を表現している

0 件のコメント :

コメントを投稿